書籍紹介

長野式治療指南本(医道の日本より出版されております。)


 「よくわかる長野式治療 日本鍼灸のスタンダードをめざして」(2015年)
☆ 長野康司 著 AMAZONページへ  医道の日本社ページへ
長野式治療の案内書として、当会代表長野康司が執筆。長野式入門書の決定版。
第1章 長野式治療概要(図解を取り入れ臨床に即して)
第2章 セミナーでの受講生からの質疑応答(診断から処置について)
第3章 長野康司の臨床(患者の人物像に焦点を当てた症例を)
第4章 分野別各疾患処置(新知見を取り入れて)

 


「鍼灸臨床 新治療法の探求 ~心に残る診療カルテから~」(1996年)

☆ 長野潔 著 医道の日本社ページへ

長野式治療創始者である先代長野潔氏執筆の第2作。

第1章 心に残るカルテから
第2章 治験症例を中心にした鍼灸臨床備忘録
第3章 鍼灸治療室(疾患別考察とまとめ)
第4章 更年期障害の臨床~性の後退期への助言~
第5章 論考(臨床に診る脉状私見・「緩脉」考・各経絡の機能についての私見・扁桃炎・瘀血とその鍼灸治療)

 

 


「鍼灸臨床わが三十年の軌跡~三十万症例を基盤とした東西両医学融合への試み~」(1993年)

☆ 長野潔 著 AMAZONページへ 医道の日本社ページへ

長野式治療創始者である先代長野潔氏執筆の第1作。

第1章 鍼灸治療の理念・病名分類の意義・概略
第2章 処置法運用のための診察法
第3章 治療に当たっての患者への基本的指導
第4章 長野式処置法
第5章 鍼灸臨床日誌拾遺
第6章 治験症例報告
第7章 特殊要穴による治験症例
第8章 特殊治験症例
第9章 難症疾患に著効する特定配穴

 




 

 

長野式ITシステム詳細はこちら


会員登録ページはこちら

長谷川吾朗が長野先生のQ&Aをまとめて16年、通巻85号。
その内容を、必要な時に、必要な形で、いつでも使えたら便利だなぁと、
構想10年、製作2年半をかけて「長野式ITシステム」が出来ました。
・初心者には電子カルテで順を追って詳細補助
・中級者には長野式を奥深くまで探究してもらい
・上級者には後進の育成の為に
長野式治療を愛する全ての治療家に。